矯正の費用について知ろう!負担なく支払いを終える方法とは!?

「歯の矯正をしたいけど費用が・・・」と心配している方、その気持ちよく分かります。私も出費が気になってなかなか治療に踏み出せませんでしたが、よく調べてみると保険が適用されるケースがあったり、ローンで支払いができたりするクリニックがあったりと、支払いの負担を軽減する方法が様々あります。ここでは気になる費用のことや、お得な情報を紹介します。

治療にはどんな費用がかかるの?

お金
漠然と歯列矯正は高いという印象を持っていましたが、何に対してどのような料金が発生するのかを知るだけでお金の目途をつけやすくなって不安が解消されました。治療を終えるまでの過程で支払う料金の内訳を紹介していきますので、料金が不安な方はチェックしてみて下さいね。支払いは主に、治療前と治療中と治療後の3つに分かれます。

治療前

【相談費】

費用の目安:無料~500円前後
お悩みや歯並びの状態に関する相談を受け、治療法や治療計画に関する説明を受ける際に発生する費用です。

【検査費】

費用の目安:10,000円~15,000円前後
より適切な治療方法や治療計画を立てる為に検査が行われます。歯列や顔の骨のレントゲン撮影、CT撮影といった検査が行われます。

【診断費】

費用の目安:10,000円~50,000円前後
検査結果をもとに、治療プランを決める際に必要な費用です。ここで具体的な矯正方法や、総合的な費用概算や、治療期間を説明してもらえます。

治療中

【矯正器具費(基本)】

費用の目安:650,000~1100,000円前後
矯正装置本体にかかる料金で、治療方法によって大きく価格が変わります。治療方法を医師から説明された際に、価格を確認しておくようにしましょう。

【調整費】

費用の目安:1,000円~10,000円前後
治療を行っている期間中に、装置の調整や経過の確認などが行われる際に発生する料金です。クリニックによっては、装置の基本料金に調整料が含まれていることもあります。

治療後

【保定装置費】

費用の目安:10,000円~50,000円前後
治療を終えた後に、歯列が元に戻るのを防ぐ装置を歯に装着する料金です。リテーナーと呼ばれる保定装置を装着することによって、治療後の状態を維持できます。

【メンテナンス費】

費用の目安:3,000円~10,000円前後
矯正治療を終えた後に、歯列の状態をチェックする必要があります。年に数回ほどこのようなメンテナンス費用があることを知っておきましょう。

まとめ

歯列矯正を受ける際には、このような費用が発生します。クリニックによって費用が違う場合もありますので、カウンセリングの際に確認しておくとよいでしょう。

子どもに歯科矯正を受けさせたい!いくらかかるの?

歯
私は小さい頃から歯並びが悪かったんですが、血は争えず子供も歯並びが良くありませんでした。子供には自分のような悩みを持ってほしくないとは思い、料金を調べてびっくり!大人に比べると子供の矯正って値段が安いんです!しかも早期に取り組めばより料金が安くなりますので、お子さんの歯並びが気になる方はすぐにでも治療を始めた方がお得です!こちらで子供の矯正治療に関する情報を紹介しますので、参考にしてください。

早期に取り組んだ方がお得!

子どもの矯正は年齢によって一期治療と二期治療に分けられます。治療内容や費用の違いを紹介します。

一期治療(6歳~小学校低学年くらいまで)

費用の目安:100,000円~400,000円前後
乳歯の時期、もしくは乳歯と永久歯の両方が一緒に生えている時期です。歯の位置を動かすという治療ではなく、あご骨の大きさやバランスを整えて、永久歯が綺麗に生えてくる状態を作る治療が行われます。

二期治療(小学校高学年~中学生くらいまで)

費用の目安:300,000円~600,000円前後
永久歯が生え揃っている場合だと、二期治療のカテゴリーになります。二期に入ると、大人とほぼ同じの歯を動かす矯正治療が行われますが、大人の料金よりもお安くなりますよ。

子供のうちに歯科矯正をすればこんなメリットがある

①抜歯の必要が無い

大人になってから歯列矯正をすると、抜歯が必要になるケースもあります。しかし、あごが小さく歯のスペースが少ない子どもの時期であれば、抜歯をせずに矯正治療を受けることができます。

②虫歯や歯周病のリスクを軽減

歯並びが悪いと、歯と歯が重なった部分のプラークをブラッシングで取り除きづらく、虫歯や歯周病を引き起こすリスクが高まります。子供の頃に矯正を行って歯並びを整えることで、プラークを除去しやすくなり虫歯や歯周病を防げます。

③体のバランスを整える

歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなり、あごの骨が歪んでしまいます。それによって、肩や背中の筋肉に負担をかけ、慢性的な肩こりや頭痛を引き起こします。子供のうちに矯正を行ってあごの歪みを防ぐことによって、全身のバランスを整えられます。

④多感な時期の前にコンプレックスを解消

歯並びの悪さは多感な時期には大きなコンプレックスになってしまいます。歯を見せないようにすることで笑顔の少ない暗い性格になってしまったり、友人から馬鹿にされて卑屈な性格になってしまったりと人格形成にも影響を及ぼします。幼い頃に歯並びを整えておくことで、コンプレックスの無い青春を送らせてあげることができます。

子供によく使われる矯正装置

ムーシールド

費用:100,000円前後
受け口を治療することができるマウスピースです。あごの骨が成長しきっていない子供の時期に行うことで、より効率よく治療をすることができます。私の子供はこの矯正方法であご骨のバランスを整えたのですが、装置を装着するのは就寝中だけでよいので、装着感の煩わしさでグズることも無く助かりました。

マウスピース

費用:100,000円前後
一期治療の歯科矯正で最も効果が大きいと言われている矯正方法で、子どもの矯正方法の中で近年主流になっています。リーズナブルな価格で大きな効果が得られるコストパフォーマンスが魅力です。こちらも装着するのは起きている間の1時間と就寝時のみでよいみたいなので、我が子の矯正方法はこちらを選んでも良かったかなぁと思っています。

プレート矯正

費用:300,000円~600,000円前後
歯の内側にプレート状になっている器具を装着して、上下のあごのバランスを矯正するという方法です。乳歯がまだ残っている一期治療では、こちらのプレート矯正を選ぶドクターが多いとか。価格が少し高めなので、私は手が出ませんでしたが経済的に余裕のある方であれば選択肢に入れてもいいと思います。

ブラケット矯正

費用:500,000円~700,000円前後
あごの成長が終わり、永久歯が生え揃った第二期治療で行われる治療で、大人の歯列矯正と同じ方法で歯並びを整えます。一期治療から継続して行う場合は価格が大幅に下がりますので、やはり早い段階で矯正治療を行っておくのがおすすめです。

矯正法別に見る大人の治療費

私は前歯が出ている、いわゆる出っ歯でした。前歯だけを矯正することができる方法で歯並びを整えたんですが、全体的な矯正方法と比べると安価なようでラッキーでした。治療方法ごとにかかる費用が違うようなので、一般的に行われている治療方法ごとの費用を調べてみました。予算を立てる目安にしてください。

ブラケット

費用:800,000円前後+毎回の処置料5,000円前後
歯の一つ一つにブラケットという矯正装置をつける治療方法。ミリ単位で歯の位置を決められるので、どのような症状にも柔軟に対応してくれます。

マウスピース

費用:800,000円前後
透明のマウスピースを装着して、少しずつ歯を動かしていく治療方法。目立たないのが最大の利点で、食事の際などは取り外すこともできます。

部分矯正

費用:500,000円前後
私が前歯を矯正した際に選んだ方法で、ピンポイントで歯列を整えられる上に費用が比較的リーズナブルなのでお得な値段で気になる部分を矯正できます。

保険適用や医療費控除の対象になればお得に治療ができる!

歯列矯正は基本的には保険が適用されず、全額自己負担となりますので庶民にとっては痛い出費となりますよね。症状によっては保険が適用されることもありますし、医療控除という制度を活用すれば出費を減らすこともできますよ!私の場合は、保険は適用されませんでしたが、医療控除の制度で出費を減らすことができました!どのような症状の場合は保険が適用されるのか、医療控除とはどのような制度なのかを知っておきましょう。

保険が適用される症状

認定を受けている医療機関にて顎変形症と診断された場合や、特定の先天性疾患がある場合は保険が適用されます。保険が適用される場合は決められた治療プロセスでしか矯正を受けることができませんので注意が必要です。

医療控除を活用する

医療費控除とは、家族や自分自身が年間で医療費を10万円以上支払った場合に、一定の金額を所得控除してもらうことができる制度です。治療にかかった費用と所得金額に応じて、所得税が軽減されるので出費を減らすことができます。ただし、歯科矯正の場合は美容が目的ではないという医師の診断書が必要となりますので、担当の医師に相談してみましょう。

一括支払いは無理!そんな方はローンを活用!

一般市民にとって、一括で大金を支払うのは本当にキツイですよね。私はローンを活用して少しずつ支払いましたよ。分割払いやローンなど、支払いの負担を軽減する方法をいくつか紹介しますので、まとまったお金を用意できない方は参考にしてくださいね。

主なローンの種類

多目的ローン

銀行や信用金庫が行っている資金使途が自由なローンのことで、歯列矯正を行う際にも利用できます。銀行や信用金庫によって金利が違いますので確認しておくようにしましょう。申し込む際はクリニックから出された見積もりなどを提出し、審査を待つ必要があります。

デンタルローン

資金使途を歯科治療費に限定した制度で、信販会社が治療費の立て替え払いをしてくれます。多目的ローンよりも利用限度額が高く、金利が低いです。デンタルローンを信販会社に委託していないクリニックの場合はデンタルローンを利用できません。私が治療を受けた医療法人スワン会というクリニックでは、デンタルローンを行っていたので負担なく支払いができました。

歯科クリニックと直接契約する分割払い

信販会社を介さずに、クリニックと直接分割払いの契約をする支払い方法です。クリニックによって分割の回数や、支払い期限などに違いがあります。この方法で支払いを行うのであれば、分割手数料を確認しておくようにしましょう。

費用の相談をしてみよう

カウンセリング
歯列矯正は費用が高くお金のやりくりが大変でしたが、歯の見た目を気にせず過ごせる日々は本当に充実しており値段以上の価値があったと感じます。大切なのは自分に最適な矯正方法はどれくらい費用がかかるのかを知り、負担の無い方法で支払うということです。歯科クリニックでカウンセリングを受ければ、費用に関する不安をクリアにすることができますので、一人で悩むより一歩踏み出してカウンセラーに話を聞いてもらいましょう。