矯正器具が外れたら終わりじゃない!リテーナーの重要な役目

長い長い矯正期間が終わって、ようやく理想の歯並びが手に入ったというあなた。残念ながら、まだ終わりではありません。歯列矯正の後には「リテーナー」という装置を装着する必要があります。正直私も、「まだ何か装着しなくちゃいけないの?」とがっかりしました。でもこのリテーナー、とても大切な役割のある装置です。

矯正だけじゃだめ!?矯正後のケアはとても重要

歯科治療中

元に戻らないようにする

その大切な役割とは、歯列矯正後の「後戻り」を防ぐということ。
実は、矯正装置を外した直後の歯槽根や歯茎はとても不安定な状態となっています。歯列矯正をするということは長年その位置にあった歯を動かすということであり、そのためには歯槽根や歯茎を溶かしては再生しての繰り返しが必要。矯正装置を外したあとすぐは完全に歯槽根や歯茎の再生が完了していない状態なので、まだまだ歯が動いてしまいやすいです。
その状態で何もしないとどういうことが起こるかというと、早く歯槽根や歯茎を安定させようとして、歯を元あった場所に戻してしまおうとするといったことが発生するのです。これが「後戻り」という現象。リテーナーは不安定な状態の歯を保護して、しっかりと矯正後の位置を固定してくれます。

虫歯リスクを下げる

ここで、「歯がまだ不安定な状態なら、引き続き矯正装置を付けておけばいいんじゃないの?」という疑問が出てきますよね。でも、矯正装置を装着している間は、どうしても虫歯になりやすい状態。装置が邪魔して歯ブラシが届きづらいから、歯に汚れが残ってしまいがちなんです。この虫歯リスクが高い状態をより早く抜け出すためにも、矯正装置は必要最低限の期間で外す必要があるんですね。

リテーナーの種類

矯正装置に様々な種類があるように、リテーナーにもいくつかの種類があります。大きくわけると取り外し式のものと固定式のものがあり、その中でもさらに種類が分かれているのです。その中でも、比較的よく使用されているものを紹介していきます。

取り外し式

マウスピースタイプ

アクリル樹脂やラバー系などの柔らかい素材でできたリテーナー。歯全体をカバーするようなつくりで、着脱も簡単です。クリアなので装着していても目立ちにくいです。

ベッグタイプリテーナー

金属ワイヤーとプラスチック製のプレートからできたものです。歯全体を包むように支えて後戻りを防止します。

スプリングリテーナー

金属ワイヤーでできた復元力のあるタイプ。その復元力から、軽度の後戻りを治すことにも使用されることもあります。

固定式

フィックスタイプ

細目の金属ワイヤーを歯の裏側に固定してしまうというもの。固定する力が強いのが大きな特徴です。取り外し式のリテーナーよりもサイズが小さいため、装着中も目立ちにくいです。

取り外し式・固定式それぞれのメリット・デメリット

これだけの種類があるとなると、どれを装着するか迷ってしまいますよね。第一段階は、取り外し式を選ぶか固定式を選ぶかを決めることでしょう。ここでは、取り外し式と固定式それぞれのメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

■取り外し式のメリット

歯のケアがしやすい

取り外し式のリテーナーは、食事のときと歯磨きのときは取り外しておくようにするものです。そのため、装置に食べ物が詰まらないように気にせずに済みますし、歯磨きも楽。丁寧な歯磨きは変わらずに心がけるべきですが、さほど神経質にならなくても磨き残しの心配は少なくなるでしょう。

丸洗いができるのでいつも清潔

取り外してしまえるので、装置そのものを丸洗いすることも可能です。長時間口の中に入れておくものだからこそ、衛生面は気になりますよね。基本的には水だけでの洗浄になりますが、専用の洗浄剤を使って洗うこともできます。

どうしても見られたくないときに一時的に外せる

特に女性なら、どうしてもリテーナーを装着している姿を見られたくないときってありますよね。そんなときに、すぐ外せる取り外し式なら安心。合コンや記念写真の撮影など、「勝負!」というときに外しておけるのはありがたいです。ただし、本来は食事と歯磨きのとき以外は常に装着しておくものであるということをお忘れなく。

■取り外し式のデメリット

装着し忘れる可能性がある

取り外し式を選んだ場合、最も気を付けなければならないのが装着するのを忘れないようにするということ。装着していない時間が長ければ長いほど後戻りのリスクは高くなりますし、歯が安定するまでの期間も延びてしまいます。装着し忘れがないように、自分でしっかりと管理することが大切なのです。

■固定式のメリット

固定する効果が高い

外れてしまわないようにしっかりと固定しますので、歯が動いてしまう心配がありません。安心感の高さは抜群です。

装着中でも目立ちにくい

部分的に装着するために、装置自体が小さく目立ちません。また、歯の裏側から装着するタイプであれば、ほとんど人から気付かれないでしょう。できるだけ装置が目立たないようにしたいが、装着し忘れが心配という方に向いています。

違和感が少ない

矯正器具の装置が小さい分、目立ちにくいことのほかに違和感が少ないというメリットもあります。あまり装置の存在を感じないので、長時間装着していても気にならないでしょう。矯正装置の違和感がストレスだったという方は、こちらの方がよいかもしれません。

■固定式のデメリット

装着部分の歯磨きにコツがいる

こちらは矯正器具と同様に、装着している部分の歯磨きには少々コツがいります。どうしても汚れが溜まってしまいやすく、虫歯や歯周病リスクが高まってしまうと言えるでしょう。そのため、固定式を選んだ場合には定期的に歯科医院へ通い、クリーニングをしてもらうことが大切です。

取り外し式のリテーナーの使い方

リテーナー

自分で着脱可能な取り外し式のリテーナー。便利な反面、自分でしっかりと管理して正しく使用することが求められます。ここで、基本的な使用方法を確認していきます。

装着している時間

1日にどれくらいの時間装着しておけばよいのか。答えは「食事と歯磨きのとき以外ずっと」です。特にリテーナーを装着してから1年半の間は、装着していない時間が長くならないように注意しましょう。この1年半が一番後戻りの発生しやすい要注意期間なんです。要注意期間が過ぎれば、歯科医師に相談しながら夜間のみ、2日に一度と装着している時間は減らしていけます。

装着中の注意

装着中にしてはならないのが、飲食です。「飲み物もダメなの?」と思われた方、お茶や水なら大丈夫。糖分が含まれる飲み物がダメなのです。液体である分、装置の間に入り込んでしまいやすく虫歯発生のリスクを高めてしまいます。
また、ガムを噛むのもやめましょう。リテーナーにくっついてしまいやすく、取り除くのが困難になる可能性があります。同様の理由でキャラメルやハード系のグミなど、食べていて歯にくっつきやすいと感じるものは、装着中に口に入れないようにするのが無難でしょう。
甘いものが好きな方にとっては酷なことかもしれませんが、ダイエットになると思ってぐっと我慢してください。

管理の仕方

口の中で使用するものですので、衛生管理はしっかりとすべきです。専用のケースを用意して、外している間はケースの中に入れて保管しておきましょう。また、ケースは缶やプラスチックなどの中身を保護する効果の高いものを選ぶのがおすすめ。というのも、リテーナーは繊細なつくりになっていて壊れやすいからです。不注意によって壊してまた作り直さなければならないとなると、別料金となることがほとんどなので痛い出費になりますよ。
あとはこまめに洗浄すること。歯磨きのついでに洗浄する習慣を付ければ、忘れにくくてよいでしょう。ただし、歯磨き粉で磨いたり石鹸で洗浄したりするのはダメです。必ず水だけ、もしくはリテーナー専用の洗浄剤を使用してください。専用の洗浄剤は通っている歯科医院で購入することができます。

リテーナーを使う際の注意

上記でも注意すべき点には少し触れていますが、ほかにも注意すべき点はあります。特に以下の2点には注意してください。

痛みは我慢しない!

稀にですが、装着しているうちに口内に痛みを感じることがあります。そのときは我慢せず、すぐに歯科医師に相談しましょう。歯の位置を動かしている状態なので、型が合わなくなってしまうこともあるのです。そのような状態で無理に使い続ければ、口内炎など口内トラブルを引き起こす原因になりかねません。歯科医師に状況を確認してもらったうえで、調整してもらうようにしましょう。

丁寧に取り扱う

取り外している間はケースに入れて保管しておくということ以外に、丁寧に取り扱うことを意識することが大切です。たとえケースに入れていたとしても、強い衝撃や振動によって変形してしまう恐れがあります。少しでも変形してしまえば自分の歯と合わなくなってしまい、調整しなければならなくなるでしょう。強い衝撃や振動を与えないように注意して、丁寧に取り扱うことが大切です。

リテーナーで矯正後もキレイな歯並び

ここまでで理想の歯並びを完成さるために、リテーナーがいかに重要な存在であるかご理解いただけたかと思います。ちなみに私はマウスピースタイプのリテーナーを装着してました。どうも口内に金属が入るというのが苦手だったので、だいぶストレスが減りましたね。歯磨きも全体がしっかり磨けてスッキリ。ちゃんと決まりを守って装着していたので、思ったよりも早めに外すことができました。自分にとってストレスを感じにくいと思うタイプを選んで、決められた通りに装着しておくのが早くリテーナーから卒業するコツです。
数年間にも及ぶ矯正生活が終わり、その努力を完全なものにしてくれるリテーナーのおかげで理想通りの歯並びが定着してくれました。矯正で動かした歯の位置はリテーナーでなければ固定することができませんので、必ず装着しましょう。ゴールはもうすぐそこです!