目立ちにくい歯科矯正!マウスピース矯正の特徴とは?

マウスピース矯正は、比較的新しい歯科矯正方法です。その特徴は、目立ちにくいということ!歯科矯正をする際、ブラケットやワイヤーを使用しないので、目立たず歯科矯正を行うことができます。

新しい歯科矯正「マウスピース矯正」の特徴

女性
歯科矯正の治療を受けたいけど、ブラケットやワイヤーなどの矯正装置が目立つからと矯正治療を始められなかったり、諦めたりした人はいませんか?『できるだけ目立たないように歯科矯正したい』と考えている人は、マウスピース矯正という歯科矯正治療を受けてみてはどうでしょう。

マウスピース矯正の特徴

マウスピース矯正とは、透明で目立ちにくいプラスチックでできたマウスピースを付けて徐々に歯並びを治していく治療方法です。現在の歯型を、パソコンにデータ化して取り込み、パソコンの画面上で綺麗な歯並びになるように修正しながらマウスピースを作っていきます。そのでき上がったマウスピースを段階を踏んで使用していくことで、理想的な歯並びにしていきます。

透明なマウスピースを使用して、目立たないように歯科矯正治療を行えるので女性や社会人に人気がある治療方法です。

マウスピース矯正のメリットと他の歯科矯正方法との違い

歯科
目立たなく治療が行えるマウスピース矯正は、他にどのようなメリットがあるのでしょうか?

マウスピース矯正のメリット・他の歯科矯正との違い

取り外しが可能

マウスピース矯正は、ブラケットやワイヤーの様に口の中に矯正装置が固定されていないので、取り外しが可能です。そのため、食事や歯磨きをする際にマウスピースを外すことができます。また、ブラケットやワイヤーを使った歯科矯正の場合、硬い物やネバネバした物を食べる時にブラケットやワイヤーに注意をしながら食事をしないといけませんでした。しかし、マウスピース矯正の場合は、食事中に注意する必要がないので、しっかりご飯を食べることができます。また、歯磨きする際も自分の歯を綺麗にブラッシングすることができるので、治療中に歯周病のリスクが減るのも嬉しいポイントです。

金属アレルギーの人でも治療ができる

ブラケットやワイヤーを使った歯科矯正の場合、金属アレルギーの人は治療を受けることができませんでした。しかし、マウスピース矯正の場合、プラスチックでできたマウスピースのみで治療ができるので、金属アレルギーの人でも歯科矯正を行うことができます。

セラミック歯や冠があっても治療が可能

ブラケットやワイヤーを使った歯科矯正を受ける場合、ブラケットを付ける際にセラミックを傷つけてしまう恐れがあったため、穴を開けたり仮歯にしたりしなくてはいけませんでした。ですが、マウスピース矯正の場合、ブラケットやワイヤーの様に矯正装置を固定する必要がないので、セラミックの歯を傷つけることなく一緒に矯正することができます。しかし、前歯のように歯の位置を治すことで歯と歯茎にズレが生じる場合は、マウスピース矯正後、セラミック歯をやり直すことになるようです。

歯科

引用元:医療法人スワン会

目立たなく歯科矯正ができるだけでなく、メリットも多いのがマウスピース矯正の魅力ですね。

マウスピース矯正にはどんな種類があるの?

歯科
マウスピース矯正と一言でいっても、その種類は多くあります。では、マウスピース矯正の種類を細かく確認していきましょう。

マウスピース矯正の種類

インビザライン

費用:75万~
インビザラインは、歯科矯正大国アメリカで開発され、世界的に幅広く使用されているマウスピース矯正です。インビザラインのメリットとして、歯型の型取りが治療前に1回だけという点が挙げられます。この1回の型取りで、歯並びを良くしていく細かい治療計画を立て、その計画に基づいてマウスピースを段階的に作成し装着して治療する方法です。また、最初の型取りをするとパソコンで歯科矯正後のシミュレーションも確認できるので、目標をしっかりと見据えて治療ができるというポイントもあります。

装着時間と通院サイクル・その他

マウスピースのサイクル:2週間に1回
1日:20~22時間の装着が好ましい
通院:約1ヶ月半~3ヶ月に1回
型取り:初回1回のみ

アソアライナー

費用:40万円~
アソアライナーはマウスピース矯正の中でも比較的新しい方法で、日本で開発されたマウスピース矯正です。そのため、日本で一番多く行われているマウスピース矯正となります。インビザラインと違い、歯を見ながらその都度型取りを行うので、トラブルが合った場合にも対処しやすいというメリットがあります。

装着時間と通院サイクル・その他

マウスピースのサイクル:治療の経過による
1日:17時間以上の装着が好ましい
通院:約1ヶ月1回
型取り:マウスピースを作る毎に型取り

イークライナー

費用:40万円~
インビザライン同様、歯科矯正開始の際に1回だけの型取りでマウスピースを作成できます。厚みが違うマウスピースを1週間毎に段階をわけて着用して矯正する方法です。デメリットとして、抜歯が必要な治療や噛み合わせが大きく合わない場合は、イークライナー治療ができないことがあります。

装着時間と通院サイクル・その他

マウスピースのサイクル:1週間に1回
1日:20時間以上の装着が好ましい
通院:約1ヶ月1回
型取り:初回1回のみ

DENマウスピース

費用:40万円~
他のマウスピース矯正の場合、マウスピースを1日20時間以上装着するのが好ましく、それ以下の時間では、中々効果が期待できませんでした。しかし、このDENマウスピースは、寝ている時間を含めて1日8~10時間の装着で、歯科矯正が行える特徴があります。

装着時間と通院サイクル・その他

マウスピースのサイクル:2週間に1回
1日:8~10時間以上の装着が好ましい
通院:約2週間1回
型取り:マウスピースを作る毎に型取り

アクアシステム

費用:15万円~
部分的な歯科矯正に有効な方法で、特に前歯の治療に効果的です。専門的なコンピューター解析を行わないでマウスピース治療ができるので、費用を抑えることができます。

装着時間と通院サイクル・その他

マウスピースのサイクル:4~6週間に1回
1日:8~10時間以上の装着が好ましい
通院:約2週間~1ヶ月半に1回
型取り:マウスピースを作る毎に型取り

一般的に歯科矯正に用いられるマウスピース矯正の種類を紹介しました。

マウスピース矯正の注意点

歯科
メリットが多いマウスピース矯正ですが、もちろん他の歯科矯正同様に注意しなくてはいけないポイントもあります。どのような点に注意しなくてはいけないのか、確認してみましょう。

マウスピース矯正を行う際の注意点

虫歯のリスク

マウスピース矯正は、透明なマウスピースで歯全体を長時間覆うことで、歯を移動させる歯科矯正です。なので、マウスピースで歯全体を覆うことで唾液が隅々までいきにくくなり、虫歯になるリスクが高まります。

対策法

食事の度に、しっかりと歯磨きを行うことで虫歯を予防・対策することができます。また、歯磨きの際はデンタルフロスやフッ素ジェル、フッ素のマウスウォッシュなどを使うとより効果的です。

歯ぎしりでマウスピースが割れる

歯科矯正用のマウスピースは、歯ぎしり矯正のマウスピースと違い、とても薄くできています。そのため、寝ている際に、強い歯ぎしりをする人の場合はマウスピースが割れてしまうことがあるようです。

対策法

起きている間、マウスピースを装着している際は、歯を噛み締めないように意識しましょう。起きている間に、意識することで顔の筋肉がそれを覚えます。そうすると、夜寝ている間の歯ぎしりを抑えることに繋がるようです。もし、マウスピースが割れてしまった場合は、次のマウスピースを使用しておきましょう。マウスピースのサイクルは、1~2週間のものが多いので大丈夫です。最初のうちは、少しキツいと感じるかも知れませんが、徐々になれていきます。ですが、毎回歯ぎしりでマウスピースを割ってしまう場合は、担当医に相談して他の治療を検討した方が良いようです。

1日20時間以上装着する必要がある

マウスピース矯正は、パソコン上でしっかりと計算されシミュレーションされた治療計画に基づいて歯科矯正を行っていくため、食事や歯磨き以外の時間はマウスピースを装着することが求められています。そのため、指定されている装着時間以下だと、治療が上手くいかなかったり、せっかく動いた歯が戻ったりしてしまうようです。

対策法

マウスピースを指定されている時間はしっかりと装着することを意識し、決められたサイクルでマウスピースを交換しましょう。計画通りに治療が進むことを認識してから、治療をする必要があります。

その他、マウスピースのメーカーによっても、特徴や適用範囲が異なるので、歯科矯正を行う際に担当医にしっかりと注意点を確認してからマウスピース矯正を開始する様にして下さい。

小さい子供にもマウスピース矯正がおすすめ

マウスピース矯正は『大人のための歯科矯正方法』と思われてしまいがちですが、小さな子供にもおすすめできる歯科矯正方法です。

小さい子供にも薦める理由

マウスピース矯正は子供にかかる負担が少ない

小さい子供がマウスピース矯正を行う場合、大人と違って寝ている間と、起きている間に1時間程度の装着となるため、歯科矯正にかかる負担が少ないと言うメリットがあります。

乳歯期は歯科矯正の効果が高い

マウスピース矯正を乳歯が残っている時期に行うことで、歯科矯正の効果が大きくなると言われています。重度の受け口の場合でも、3歳くらいの早いうちから治療することで、直せるケースもあるようです。

他の矯正方法に比べ装置の制作費が安価になる

他の歯科矯正方法では、自分の口や歯に合った装置を制作するため、費用が高額になってしまいます。しかし、マウスピース矯正の場合、既成されているものを使用するため、制作費を安く抑えることが可能です。

小さな子供にたくさんの治療装置を付けて歯科矯正を行うのは可哀想です。その点、マウスピース矯正は、取り外しのきくマウスピースのみを装着するだけなので、小さい子供にもおすすめできる歯科矯正になっています。

目立たず歯科矯正が行えるマウスピース矯正をやってみよう!

マウスピース矯正の最大のメリットは、目立たずに歯科矯正が行えるということです。今まで、歯科矯正を受けたいけど、ブラケットやワイヤーなどの装置が目立つからという理由で矯正治療を始められなかったり、職業柄歯科矯正を諦めたりした人にオススメな治療といえます。メリットの多いマウスピース矯正で、歯並びを整えて笑顔をより綺麗にしませんか?