裏側矯正のデメリットを解消してストレスなく歯並びを改善

歯並びを矯正したくても、金属の矯正装置を歯に装着した際の見た目が嫌で一歩踏み出すことができませんでした。そんな時、歯の裏側に矯正装置をつける裏側矯正に出会いました!見た目を気にすることが無いので、様々な矯正方法の中でも、特に人気があるみたいです!ここでは、裏側矯正に関する情報を紹介していきます。

裏側矯正にはこんなメリットがあります

歯

☑目立たない!

私はどうしても歯に矯正装置が装着されている見た目に抵抗がありました。しかも、歯列矯正は2年以上治療期間がかかりますので、長い間見た目の悪さに耐えるのは苦痛以外の何物でもありません。
しかし、裏側矯正なら歯の裏側に矯正装置を装着するので、装置が人目に触れず治療期間中の審美性に優れていることを知りました。見た目を気にする私のような人や、営業職や接客業やモデルなどの人目に触れる仕事をしている方にもぴったりな矯正方法ですよ。

☑虫歯になりにくい

表側矯正をすると、矯正装置を装着している部分の歯磨きが上手くいかず、虫歯トラブルが発生してしまうことが多いそうです。歯の裏側は殺菌作用のある唾液が常時循環していて虫歯の菌が繁殖しづらく、エナメル質が表側の3倍以上も厚い上に、舌による自浄作用もありますので、裏側矯正は虫歯トラブルのリスクが低いです。とは言え、歯磨きをおろそかにすると虫歯になる可能性がありますので、丁寧な歯磨きは大切です。

☑出っ歯の矯正に効果テキメン

出っ歯の矯正をする際は、奥歯を固定源にして前歯を引っ張る治療が行われます。表側矯正の場合だと前歯が移動せず奥歯が前に出てしまうことがあります。裏側矯正は奥歯が動きにくいのが特徴ですので、奥歯ではなく前歯を移動させてひっこめることができますよ。前歯が人よりも出ているのが大きなコンプレックスだった私にとっては、ぴったりな治療方法でした。

☑舌癖防止で再発のリスクを軽減

出っ歯になっている方の多くは、舌で歯を押し出すという癖があります。せっかく高いお金を払い長い期間をかけて歯列矯正を行っても、この舌癖によって前歯が押し出され再び出っ歯になってしまうことがあります。裏側矯正を行うと、舌癖を矯正するという効果もありますので、治療後の再発も防ぐことができます。

☑スポーツをする方でも安全

接触の激しいスポーツをする方が表側矯正をした場合は、ぶつかって唇の裏側が切れて出血をしてしまうリスクがあります。裏側矯正であれば歯の表側に装置をつけないので、接触しても大きく唇が切れることがなく安心です。

裏側矯正のデメリット

裏側矯正は、舌に近い側に矯正装置を装着するため舌側矯正とも呼ばれており、舌側に装置をつけることによるデメリットもあります。どのようなデメリットがあるのかを知っておきましょう。

違和感を感じる

歯の裏側に矯正装置がありますので、慣れるまでは違和感を覚え、神経質な人などはストレスに感じてしまうこともあります。

発音のしづらさ

舌側矯正は、歯の裏側に舌を押し当てて発音する言葉を発しづらいというデメリットもあり、舌足らずな喋り方になってしまいがちです。

歯磨きがしづらい

舌側矯正は比較的虫歯リスクが低い治療法ですが、装置の装着をすることによって、歯磨きがしづらくなって汚れが落ちず虫歯になってしまうこともあります。

金属アレルギーのリスク

金属の歯科素材が、唾液などによって溶け出され体内に蓄積されると金属アレルギーの症状が現われることがあります。舌側矯正の多くは金属でできている上に、常に唾液が循環している舌側に装着するので金属アレルギーのリスクが高いです。

裏側矯正のデメリットを解消する

裏側矯正のデメリットを知り、裏側矯正にするかどうかを迷っていました。そんな時、医療法人スワン会というクリニックでデメリットを最小限に抑えられるインコグニト矯正という治療が行われていることを知りました。実際に感じたメリットを紹介していきますので、裏側矯正のデメリットを解消したいという方はチェックしてみて下さい。

◎違和感や発音のしづらさを解消

インコグニト矯正は、CAD/CAMシステムを駆使して、オーダーメイドで一人ひとりの口の形状に最適な装置を作ってくれます。そのため、他の舌側矯正よりも違和感を少なくすることができ、実際に私も特に違和感やストレスを感じることなく治療を終えることができました。また、インコグニト矯正のブラケットは他の舌側矯正のブラケットよりも形状が薄いのが特徴で、発音を妨げることがほとんどありませんよ。お喋りが大好きな私にとって、喋りづらくなるのは大きなストレスになってしまうので、本当に助かりました!

◎クリーニングしやすい

インコグニト矯正はブラケット部分から歯の境目がスムーズに移行しているので、歯の汚れが付着しづらく落としやすいです。また、ブラケットの面積も大きいため、歯に汚れが付着する面積も少なく虫歯になりにくいです。歯並びが良くなっても虫歯になってしまっては本末転倒ですので、医療法人スワン会を選んでよかったと思います。

◎金属アレルギーのリスクが低い

裏側矯正の矯正装置の多くは金属で出来ていますが、インコグニト矯正は貴金属で出来ているので、金属の有害物質が溶け出して体内に蓄積することがありません。そのため、金属アレルギーのリスクを心配することなく治療に取り組めます。私もアレルギー体質なんですが、治療を行っていた2年半もの間金属アレルギーが出ることはありませんでしたよ。

◎クリニック選びが治療の仕上がりを左右する

インコグニト矯正で治療を選んだおかげで様々なデメリットを解消できて、ストレスなく歯並びを整えられましたよ。裏側矯正はとても技術と知識が必要な治療らしく、医師が未熟な場合は治療中に痛みや炎症が出たり、急に表側矯正に変えられたりすることもあるみたいなので、裏側矯正のデメリットを最小限に抑えるのはクリニック選びも大切。私が選んだ医療法人スワン会は20年以上も矯正治療に取り組んでいて国内トップクラスの実績があり医師の技術も非常に高いそうです。よいクリニックに巡り合えて本当にラッキーでした。

知って安心!施術における裏側と表側の違い

矯正器具

表側矯正と舌側矯正は同じ矯正治療でも、施術の手順や難易度が大きく異なります。どんな違いがあるかを知っていたほうが安心して治療を受けられると思いますので、施術における違いを紹介していきます。

◎歯の表面

表側と裏側では歯に違いがあるのをご存知でしょうか。舌先で触れてみると違いが分かりやすいと思いますが、表側は平な部分が多くツルツルとしています。それに比べて、歯の裏側は表面がデコボコしており、デコボコの状態は人によって全く違います。

◎歯の間隔

表側はブラケットを装着することができる面積が広く、装置の間隔を空けることができ歯の動きをコントロールがしやすいです。逆に、裏側は装置を装着することができる面積が狭く、装置の間隔が狭いので歯の動きをコントロールするには豊富な経験と知識が必要となります。

◎治療プロセスの違い

表側矯正の場合は、患者の歯の位置や状態を一つ一つ目視し、調整しながらブラケットを取り付けていきます。裏側矯正の場合は患者の歯を目視で正確に把握するのが難しいので、歯型を取って模型を作成します。そして、技工士と連携しながら歯型の模型に合う矯正装置を作ります。医師だけで無く技工士の技術も治療の成否に大きく影響するのが裏側矯正です。

高品質な治療を受けるためのヒント

裏側矯正は表側よりも矯正装置を装着しづらく、歯の動きをコントロールするのが難しいので、ドクターの技術と知識が問われます。また、技工士としっかり連携を取りながら、患者の歯型に合う装置を作成しなければいけませんので、多くの実績を積んで連携が磨かれているということも大切です。技術と知識があるドクターがいる、実績豊富なクリニックを選べば高品質な治療を受けられます。

実績豊富なクリニックを見つけて安心快適な治療

診察台

快適な裏側矯正を行うのであれば、やはりクリニック選びが大切ですよ。安心して治療を任せられるクリニックとはどのようなクリニックなのでしょうか。

①豊富な実績

クリニックのホームページには、創業年数や症例数などが記載されています。創業年数が長く症例数が多ければ、経験豊富でノウハウがしっかりしていますのでオススメです!実際の症例写真なども掲載されていますので、治療によってどのように歯列が変化するのかも知ることができます。

②保証が充実

治療を終えた後にトラブルが発生することも考えられます!そのような際に、保証がついているクリニックであれば無料で対応してもらうことができますよ。治療を終えてから10年も保証をしてくれるクリニックがありますので、そのようなクリニックであれば安心です。

③カウンセラーがいる

初めて歯の矯正をする際には色んな心配事や不安な点が出てきてしまいがちですよね。そんな時に相談できる専門家がいると大変心強いです!カウンセラーがいるクリニックであれば、矯正のことや費用のことなどの悩みや疑問点を、メールや電話で何度でも無料で相談することができますよ。

④無駄を省いてコストダウン

裏側矯正は表側矯正よりも高くついてしまいがちですが、安価な裏側矯正を行っているクリニックの中には、粗悪な装置や器具を使って治療を行っているところもあるので悩みどころです。院内の内装や広告費などを抑え、装置や材料を一括注文することによって、品質と安さを両立しているクリニックもあります。出費を抑えたいならそのようなクリニックを選びましょう。

まずはカウンセリングを受けよう

人目を気にする私にとって、裏側矯正は最適な矯正方法でした。口内トラブルや金属アレルギーが発生しにくいなどのメリットがある一方、施術の難易度が高く、違和感や発音のしづらさといったデメリットもあります。費用面に関しても何かと不安を感じる方もいるかと思いますので、まずはクリニックのカウンセリングを受けて不安点を解消しましょう。
そして何よりも、信頼できるクリニックを見つけることが大切ですよ!私も医療法人スワン会というクリニックに出会えたおかげでストレス無く矯正ができ、人の目を気にすることなく思いっきり笑えるようになりました!歯並びのコンプレックスを感じている方は、腕が確かなドクターがいる実績豊富なクリニックを見つけて治療を受けてみて下さいね。